治療するならどっちが良いの?インプラントと入れ歯の違い
ロゴ

インプラント治療と入れ歯治療の違い【治療方法は患者で変わる】

治療するならどっちが良いの?インプラントと入れ歯の違い

歯型

治療方法の違い

インプラント治療は外科的手術が必要になる治療方法で、入れ歯治療は外科的手術を必要としない治療方法です。そのため、患者が骨粗鬆症などの病気にかかっている場合、インプラント治療を受けることができない場合もあります。

トラブルの違い

インプラント治療の後に考えられるトラブルは、主にインプラント周囲炎や骨内炎症です。稀にインプラント本体が破損してしまったり、骨とくっつくことができないというトラブルが起きるため、そういった場合はインプラントを撤去する必要があります。代わって、入れ歯の場合は、使用中に入れ歯本体が破損してしまう・接続部分が緩んでしまう・部分的な圧による痛みなどのトラブルが考えれると言われています。

悩んだ場合は専門医に相談

インプラント治療と、入れ歯どちらにしようか悩んでいる・・・という人は東京にある入れ歯専門の歯科か、さいたまにあるインプラント専門の相談センターで相談してみましょう。専門的な知識のある医師が症状や、求める条件に合わせてどちらの治療を受けた方が良いのかアドバイスしてくれると言われています。

目立ちにくい入れ歯があった!コーヌス義歯の特徴

しっかり固定できる

インプラントのように、安定感のある入れ歯が良いという人にとって最適な入れ歯と言われています。安定感があり、しかり固定することができるため硬いものでも抵抗なく噛むことができるでしょう。

残っている歯も固定できる

コーヌス義歯は、歯に均等なチカラが加わるため残っている歯を安定させることが可能です。そのため、ぐらぐらしている歯に対して有効的と言われています。

違和感が少ない

義歯全体を小さくすることができ、ほとんど動かないという特徴があるため違和感なく使うことができる義歯と言われています。また、長く使い続けることも可能です。

壊れにくい

壊れにくい材質で入れ歯を作っているため、使用中に口腔内で破損するといったリスクを抑えることが可能と言われています。義歯を固定するために使うバネを使用しないため、義歯自体が長持ちするのでしょう。

修理可能

コーヌス義歯は、一般的な義歯と異なり定期的に修理・ケアを行なうことで継続的に使い続けることができると言われています。そのため、一つの義歯を長期間使い続けたいという人達から注目されています。

広告募集中